保健ロジスティックス強化プロジェクト

Project for Strengthening Medical Logistics

国名
ラオス
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2005年5月〜2008年4月

プロジェクト紹介

ラオスでは、医療機器の保守・修理に対応できる技術者が育成されておらず、その体制を確立することが急務となっていました。日本は、これまで、医療機器保守サービスセンター(MES)の建設や保守修理技術者の技術指導などの協力を行ってきましたが、この協力では、MESを介した中央・県レベルでの医療機器保守管理体制の確立や技術者に対する研修の実施・テキストの作成などを支援しました。これにより、医療機器や医療品を効率的かつ適切に管理・活用するための仕組みが中央および地方レベルで構築されることに貢献しました。

協力地域地図

保健ロジスティックス強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ロジスティックスセンター外観 

  • ロジスティックスセンター内部 

  • サバナケット県倉庫外観 

  • サバナケット県倉庫内部 

  • ミニッツ署名 

  • ロジスティックス・センターにある在 庫管理データベース 

  • 医療機器保守管理ガイドライン 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。