稲種子増殖普及システム改善計画プロジェクト

Rice Seed Multiplication and Distribution System Improvement Project

終了案件

国名
ラオス
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2006年8月〜2011年7月

プロジェクト紹介

コメが主食で基幹作物であるラオスでは、経済成長に伴い、コメの需要量の増大が予想されることから、国際稲研究所(IRRI)の協力により、同国に適した高品質(収量性が高い・耐病性がある・食味が良い)な稲の改良品種を、農業研究センターを中心に育成しました。しかし、同国の種子センターおよび稲種子生産農家は、種子生産の栽培管理や乾燥・選別といった種子調製の技術レベルが低いため、生産される稲種子の品質は低く、生産量も少ない状況でした。この協力では、対象3県の状況に適した稲種子の増殖・普及システムの確立を支援しました。これにより、品質の良い稲種子が農民に広く使用されることに寄与しました。

協力地域地図

稲種子増殖普及システム改善計画プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ポンカム村の採種農家グループと採種圃場 

  • パクチェン農業ステーション作業場内にある供与した日本製の選別機 

  • ビエンチャン特別市パクグム郡採種農家グループ 

  • ビエンチャン県の稲種子倉庫 

  • ルアンナタム農業研究センターの一般種子(R3)加工施設 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。