ハンセン病対策・基礎保健サービス改善プロジェクト

The Leprosy Control and Basic Health Services Project

国名
ミャンマー
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2000年4月〜2006年11月

プロジェクト紹介

ミャンマーでは、感染症が国民の疾患および死因の上位を占めており、保健省は第3次国家保健計画の中で主要感染症への対策を優先的に取り組んできました。特にハンセン病については、患者数が世界で五指に入る多発国となっており、同国政府は1950年代からその対策に取り組んできましたが、十分ではありませんでした。この協力では、保健従事者によるハンセン病のケースアセスメント(患者の症状の確認・観察、提供するサービス内容の判断)などの技術やモニタリング活動の能力向上を支援しました。これにより、包括的なハンセン病対策プログラムの同国全域への普及に貢献しました。

協力地域地図

ハンセン病対策・基礎保健サービス改善プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • マンダレー総合病院特別皮膚科外来(MSSC) 

  • 国立イエナダ・ハンセン病専門病院(以下、YLH)の研修センター内の一室 

  • ハンセン病患者の移住地であるNanthar Myaing村内にある裁縫グループ 

  • 微孔性ゴム(MCR)サンダルのプロトタイプ:YLH内MCRサンダル作業室 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。