ミャンマー乾燥地共有林研修・普及計画プロジェクト

(Community Forestry Training and Extension Project in Dry Zone in the Union of Myanmar)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2001年12月〜2006年12月
事業
技術協力
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

ミャンマーの森林面積は国土全体の約51パーセントを占めていますが、薪炭材供給のための伐採により森林が減少しており、特に全人口の3分の1が居住している中央部の乾燥地では、森林減少および土壌流失が激しい状況でした。この協力では、地域住民による参加型森林開発を促進するため、森林局の職員や住民に対し、参加型森林管理の普及計画の策定や活動・モニタリング手法などについての技術を移転しました。これにより、乾燥地において参加型森林管理を推進するための森林局の能力向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子