コーカン特別区麻薬対策・貧困削減プロジェクト

(The Eradication of Opium Poppy Cultivation and Poverty Reduction Project in Kokang Special Region No.1)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2005年4月〜2011年3月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

ミャンマーの少数民族であるコーカン族は、1989年に同国中央政府と停戦協定を結び、自治権を獲得してコーカン特別区となりました。日本は、1997年から同特別区においてケシ代替作物の一つとして日本ソバの導入による収入向上を目指す協力を実施しました。しかし、同特別区の慢性的貧困状況を改善し、根本的な生活の向上を図るためには、コメ、トウモロコシなどの自給作物の増産および茶やクルミなどの換金作物栽培を含めた営農技術の改善が必要でした。また、保健、教育、生活改善の各分野における包括的な支援が必要とされていました。この協力では、農業、保健、教育、生活改善を含む包括的な協力を行い、貧困削減に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子