医薬品安全性評価管理センター日中友好プロジェクト

China-Japan Friendship Project on the National Center for Safety Evaluation of Drugs

終了案件

国名
中華人民共和国
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2000年7月〜2005年6月

プロジェクト紹介

中国は世界各地に医薬品を輸出しており、その安全性および信頼性を高めることが課題となっていました。この協力では、同国の医薬品安全性評価管理センターに対し、国際的な医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施基準(GLP基準)に適合した医薬品の評価を行うために必要な技術移転を実施しました。これにより、同国の医薬品の安全性の保証に寄与しました。

協力地域地図

医薬品安全性評価管理センター日中友好プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 医薬品安全性評価管理センターの試験データ管理室 

  • 供与機材の活用状況(ケージ洗浄器) 

  • 供与機材の活用状況(試験機器) 

  • プロジェクト終了後にセンターが購入した分析機器 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。