日中気象災害協力研究センタープロジェクト

(Japan-China Cooperation Center for meteorological disasters)

【写真】プロジェクトの様子

国名
中華人民共和国 [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2005年12月〜2009年6月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

中国では毎年、洪水、干ばつ、台風、冷害などの気象災害が頻発しています。 また、これら気象現象は、日本を含む東アジア地域の気候・気象とも大きな関係があります。中国では、気象ネットワーク整備を進め気象システムの総体的なレベル向上を図ってきましたが、西部地域(特に高原)においては観測所が少ないことから、天気予報や気象災害予測の精度・信頼性が低い状況でした。この協力では、チベット高原およびその東部周辺地域において、統合的な気象観測ネットワークを構築し、観測データを効果的に利用するシステムの開発や数値による気象予報モデルの開発などを支援しました。これにより、同国国内および日本を含めた東アジアの気象災害の軽減に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報