貴州省道真県・雷山県参加型総合貧困対策モデルプロジェクト

The Village-based Integrated Poverty Alleviation Model Project in Daozhen County and Leishan County, Guizhou Province, China

終了案件

国名
中華人民共和国
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2005年11月〜2010年3月

プロジェクト紹介

中国の貴州省の人口の約4割を占める少数民族は、多くが生産性の極めて低い山地および丘陵に居住していますが、過度の開墾や伐採に起因する土壌流出により、生活水準のさらなる悪化を招いていました。これで、日本は、これらの少数民族が居住する三都県に対し、住民参加に基づく総合的な貧困対策にかかる技術協力を実施してきましたが、この協力では、その成果をさらに発展させるべく、同省の道真県・雷山県において、家庭保健サービスの向上や住民の生計能力の強化、村レベルでの実務組織の確立と能力向上などに関する人材育成を支援しました。これにより、同省における参加型総合貧困対策モデルの展開に貢献しました。

協力地域地図

貴州省道真県・雷山県参加型総合貧困対策モデルプロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • リボルビングファンドで作られた野菜栽培ハウス 

  • サブプロジェクトで作られた小学校の手洗場 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。