水質検査体制強化プロジェクト

(Strengthening Capacity for Water Quality Analysis and Monitoring System in Bangladesh)

【写真】プロジェクトの様子

国名
バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年3月〜2012年3月
事業
技術協力
課題
環境管理、貧困削減

プロジェクトの紹介

バングラデシュでは、90年代の地下水の砒素汚染の発覚以降、安全な飲料水供給の観点から体系的な水質検査システム整備が重要となっていました。日本は、無償資金協力により公衆衛生工学局(DPHE)の中央、地方ラボラトリーの建設・整備を支援しましたが、この協力では、同ラボ職員の水質検査能力の向上と、日常業務を含めたラボの運営管理能力の改善を支援しました。また、既存給水施設の継続的な水質モニタリング体制の確立を目指し、DPHEの郡職員によるサンプリングから地方ラボでの水質検査に至る一連の水質モニタリング手順を提案しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子