地域の結核及び肺の健康プロジェクト

Community Tuberculosis and Lung Health Project

終了案件

国名
ネパール
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2000年4月〜2005年9月

プロジェクト紹介

ネパールでは従来から結核対策が国家の大きな課題として位置づけられており、日本は、1987年以降、同国の国家結核対策プログラム(NTP)を支援するため技術協力や無償資金協力を実施し、結核患者の治癒率の向上に貢献してきました。しかし、都市部および遠隔地における結核対策は依然として大きな課題となっており、地方では肺疾患の高い有病率への対策も望まれていました。この協力では、NTPのマネジメント能力の強化や都市および遠隔地における結核対策モデルの確立などを支援しました。これにより、同国住民の肺の健康の改善に寄与しました。

協力地域地図

地域の結核及び肺の健康プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 直接監視下における短期化学療法(以下、DOTS)ボランティア 

  • Chanpagaonプライマリーヘルスケアの禁煙活動 

  • 禁煙ポスター 

  • 国家結核対策プログラムの発表 

  • 国立病院Bir Hospital内のDOTSセンター入口 

  • 国立結核センター(NTC)内検査室での塗沫検査 

  • NGO JANTRAクリニックでのDOTS 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。