漁業訓練計画プロジェクト

(Micronesia Fisheries Training Center in Micronisia.)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミクロネシア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2000年8月〜2005年12月
事業
技術協力
課題
水産

プロジェクトの紹介

広大な海域に散在する小さな島々からなるミクロネシアは、元々天然資源に乏しく、水産業は現実的な発展可能性がある数少ない産業の一つです。同国政府は水産業育成の重要性を早くから認識しており、特にマグロ漁業の振興に注力していますが、同国におけるマグロ漁業は入漁方式による外国漁船の操業が中心であり、自国の人材・資本によるマグロ漁船の運用は遅々として進んでいませんでした。この協力では、ミクロネシア漁業海事専門学校(FMI)において、漁業・航海・漁船機関分野の訓練システムのカリキュラムや教材の整備と教員の能力向上を支援しました。これにより、同国の水産分野の人材育成に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子