廃棄物管理改善プロジェクト

Improvement on Solid Waste Management in the Republic of Palau

終了案件

国名
パラオ
事業
技術協力
課題
環境管理
協力期間
2005年10月〜2008年10月

プロジェクト紹介

大小200の島で構成されているパラオでは、近年の経済・社会の発展や生活様式の変化により生活物資の輸入量が増えた結果、輸入品の消費による廃棄物の排出量が急激に増加しています。しかし、廃棄物の適正処理はその重要性が認識されながらも、具体的な対策が講じられず廃棄物はそのまま埋立処分され、周辺環境や公衆衛生、さらには重要な産業である観光にも悪影響を与えていました。この協力では、廃棄物処分量を減少させる制度の策定や不適正な最終処分場管理の改善などにおいて関連機関の能力向上を支援しました。これにより、中央政府およびコロール州における廃棄物対策策定能力の向上に寄与しました。

協力地域地図

廃棄物管理改善プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 中央政府が管理するMドック埋立処分場(ホテル側) 

  • Mドック埋立処分場内周辺の改善前(桟橋側) 

  • Mドック埋立処分場内周辺の改善後(桟橋側) 

  • Mドック埋立処分場内周辺の改善前(マングローブ側) 

  • Mドック埋立処分場内周辺の改善後(マングローブ側) 

  • Mドック埋立処分場(覆土前) 

  • Mドック埋立処分場(覆土作業) 

  • プロジェクトで作成した分別収集の啓発ポスターは、学校に張られ活用されている 

  • コロール島のゴミ処分場:空撮(写真提供:鈴木革) 

  • コロール島のゴミ処分場(写真提供:鈴木革) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。