ニコヤ湾持続的漁業管理計画プロジェクト

(Project on Sustainable Fisheries Management for the Gulf of Nicoya)

【写真】プロジェクトの様子

国名
コスタリカ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2002年10月〜2007年9月
事業
技術協力
課題
水産

プロジェクトの紹介

コスタリカでは、環境と調和した持続的な開発を目指し、貧困削減や環境保護とその適正利用などを目的とし水産分野の開発に取り組んでいます。同国有数の漁場であるニコヤ湾における水産業は、他産業からの流入による零細漁業者の増加や乱獲によって漁獲量は減少し、水産資源の枯渇が懸念されていました。この協力では、ニコヤ湾および周辺地域の漁業資源の持続的な管理と利用方法の改善を支援しました。これにより、情報のデータベース化や水産物の品質・鮮度管理技術の普及が図られました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子