ブルンカ地方における人間の安全保障を重視した地域住民参加の総合リハビリテーション強化プロジェクト

(Reinforcement of the Integral System of Rehabilitation with Community Participation in Brunca Region of Republic of Costa Rica, with focus on Human Security)

【写真】プロジェクトの様子

国名
コスタリカ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2007年3月〜2012年3月
事業
技術協力
課題
社会保障

プロジェクトの紹介

コスタリカでは、人口の5.4パーセント(1998年国勢調査)が何らかの障害を持っており、また、平均寿命が長く、リハビリテーションサービスを必要とする高齢者数の増加が見込まれていました。しかし、障害者を対象とした社会的サービスの地域格差は深刻で、地方都市を拠点として地域の住民参加を伴ったサービスの行き届くシステムを確立する必要がありました。この協力では、ブルンカ地方において、総合リハビリテーションによる障害者の社会参加支援体制の強化を支援しました。これにより、同地方の障害者の生活機能の向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子