灌漑農業技術改善計画プロジェクト

The Technology Improvement Project for Irrigated Agriculture in the Dominican Republic

国名
ドミニカ共和国
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2001年3月〜2006年2月

プロジェクト紹介

ドミニカ共和国は、継続的な経済発展および人口の増加による国内食糧の需要の伸びに対応するため、農業生産の増加を優先政策課題としており、既存の灌漑施設の復旧と維持管理、農民への施設移管による水管理システムの改善を重要な戦略と位置づけていました。この協力では、モデル地区の実証圃場を通じ、水管理、施設維持管理、栽培にかかる研修の実施と教材作成などの技術を移転しました。これにより、水利組合や政府機関の水管理、施設維持管理、栽培技術の向上に寄与しました。

協力地域地図

灌漑農業技術改善計画プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • リンコンダム水利組合連合の管轄地域に設置された試験圃場(右側) 

  • 3次水路コンクリートライニングなどを整備したリンコンダム試験圃場 

  • リンコンダム試験圃場において水の高低を測る水利庁技術者の元カウンターパート 

  • リンコンダム試験圃場において農作業をする受益者農民 

  • 試験圃場に協働で取り組んだリンコンダム水利組合連合事務所 

  • プロジェクト成果が普及されている水利庁農業技術研修センター(CENACID) 

  • プロジェクトから供与された研修用バス。水利庁で管理されている。 

  • アディージョ水利組合連合事務所の組合員向けに開催された研修 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。