地方自治体廃棄物総合管理プロジェクト

(The project on Integrated Solid Waste Management for Municipalities in El Salvador)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エルサルバドル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2005年11月〜2009年3月
事業
技術協力
課題
環境管理

プロジェクトの紹介

エルサルバドルでは、廃棄物の量が増加しているにもかかわらず廃棄物管理体制が整っていないため、地下水汚染や土壌汚染が拡大し、健康面や生態系への悪影響が問題となっていました。同国政府は国内の不適切なゴミ捨て場所の撤去や適正管理を開始しましたが、実施機関である自治体の多くが十分な対応能力を持たず対策が遅れていました。この協力では、モデルとして選定された自治体グループ内に廃棄物管理体制を構築し、その過程で関係者および関係機関の能力向上を支援しました。さらに、自治体向けガイドラインも作成しました。これにより、モデルとなった自治体グループのみならず、全国の地方自治体に廃棄物総合管理が普及しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子