高原地域先住民等小農生活改善に向けた農業技術普及体制構築計画

(Establishment of Mechanism for Agricultural Technology Diffusion and Application to Improve Living Condition of Indigenous and Non-indigenous Small-scale Farmers of Occidental Altiplano in Guatemala)

【写真】プロジェクトの様子

国名
グアテマラ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2006年10月〜2011年10月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

グアテマラでは、1960年から36年間内戦が続き、20万人以上の死者を出すとともに、社会・経済基盤や先住民文化を破壊し、同国発展の大きな障害となりました。内戦は、国内の農業生産環境を低下させたことに加えて、1997年には経済構造調整政策に基づき、農業普及サービス部局が廃止されたために、小規模農民には、営農技術や農業情報がほとんど届かなくなりました。この協力では、先住民の多くが居住する対象地域において、農業技術(栽培技術、販売・融資の情報)の普及体制の確立を支援しました。これにより、確立した普及体制により対象地域の小規模農民の生計の向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子