観光自治管理委員会強化プロジェクト

Project for Capacity Development of the Tourism Self-Management Committees in Guatemala

終了案件

国名
グアテマラ
事業
技術協力
課題
民間セクター開発
協力期間
2007年9月〜2010年9月

プロジェクト紹介

グアテマラは、観光を通じた地域開発の強化を目指し、観光自治管理委員会(CATs)制度を導入し、集落観光の導入や小規模零細企業の強化を通じた観光産業が地域社会の助けになることを目指しました。2002年には、技術協力により「観光を通じた社会開発と自然・文化の保全の推進」を目標とした全国観光マスタープランを策定しました。この協力では、ベラパス2県およびペテン県において、CATsの組織・機能の強化を通じた公共セクター・コミュニティ・観光零細企業の協同支援メカニズムの構築や地域資源を活用した観光商品の開発などを支援しました。これにより、持続可能な観光および自然・文化資源の保全が促進され、地域の経済開発と貧困削減に寄与しました。

協力地域地図

観光自治管理委員会強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • Eco quetzalにて、この協力期間中に作成されたマップを額に入れて展示 

  • 観光自治管理委員会(以下、CAT)へのヒアリング(CAT Chisec) 

  • CATへのヒアリング(CAT Livingston) 

  • ナフ・トゥニッチ洞窟:案内板視察 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。