南部州子宮頸がん対策プロジェクト

Project for Prevention and Control of Uterine Cervical Cancer in the Southern States of Mexico

国名
メキシコ
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2004年10月〜2007年10月

プロジェクト紹介

メキシコでは、25歳以上の女性のがんによる死亡件数の中で最も多いのが子宮頸がんですが、死亡率を下げるために最も効果的ながんの早期発見に必要な診断システムが未整備の状況でした。これまで、日本は、同国ベラクルス州をモデル州として、子宮がん検診の受診率向上と細胞診断システムの改善を目的とした支援を行ってきましたが、この協力では、その成果を他6州にも普及させるべく、これらの州の保健所の医師や看護師に対して、細胞診断や病理診断技術の向上などを支援しました。これにより、対象地域において子宮頸がんの早期発見率が増加し、子宮頸がんによる死亡率の減少に寄与しました。

協力地域地図

南部州子宮頸がん対策プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • チアパス州保健局の様子 

  • オアハカ州保健局の様子 

  • プロジェクト関係者へのインタビュー(ベラクルス州細胞診断士) 

  • プロジェクト関係者へのインタビュー(ベラクルス州細胞診断士) 

  • 供与機材(顕微鏡) 

  • 啓蒙活動用の教材 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。