全国大気汚染モニタリング強化支援プロジェクト

Strengthening of Air Monitoring Program

国名
メキシコ
事業
技術協力
課題
環境管理
協力期間
2005年10月〜2008年10月

プロジェクト紹介

メキシコ首都圏では、大気汚染は重要な環境問題となっていますが、大気の質のモニタリングに関するデータの信頼性が低く、多くの国民は自らの居住環境の安全性を確認できず、政策決定者も適切な判断を行うことができない状況でした。この協力では、地方自治体における大気質モニタリングのためのデータ取得能力やその管理・解析能力の強化にかかる人材育成や国家大気質モニタリング計画の策定などを支援しました。これにより、同国の大気環境管理能力の向上に寄与しました。

協力地域地図

全国大気汚染モニタリング強化支援プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 国立環境研究研修センター(CENICA)での活動の様子 

  • 工場からの排煙(イダルゴ州トゥーラ市) 

  • 住民向け緊急事態発令用掲示板(グアナファト州サラマンカ市) 

  • 風向および風速観測の様子(グアナファト州サラマンカ市) 

  • ローカルネットワークの構造図(グアナファト州) 

  • 終了時評価のミニッツ署名(2008年2月15日) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。