アマパ州氾濫原における森林資源の持続的利用計画プロジェクト

Sustainable Use of Forest Resourcesin Estuary Tidal Floodplains in Amapa

国名
ブラジル
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2005年11月〜2009年5月

プロジェクト紹介

アマゾン河の下流部に位置するブラジルのアマパ州の氾濫原地域の住民は、生計の大部分を木材の伐採に依存していますが、木材加工や家具製造技術が低いため、国内の他地域と比較して競争力が低く、生計のために無計画な伐採を行う悪循環につながっていました。この協力では、州政府において森林資源の持続的利用を担当する組織体制の整備や、アグロフォレストリーなど住民による持続的森林経営の実践などを支援しました。これにより、対象地域の森林資源が持続的に活用され、住民の生計の改善に寄与しました。

協力地域地図

アマパ州氾濫原における森林資源の持続的利用計画プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 氾濫原林の様子 

  • 地域住民の生活に欠かせないアサイの濾し器 

  • アマゾン河河口に広がる氾濫原地域 

  • 川面より望む氾濫原の状況 

  • 再生型アグロフォレストリー実施現場 

  • 州都マカパ市内の家具製造業 

  • アマパ州経済開発特別局(SEDE)庁舎 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。