ガラパゴス諸島海洋環境保全計画プロジェクト

Project on Conservation of the Galapagos Marine Reserve

終了案件

国名
エクアドル
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2004年1月〜2009年1月

プロジェクト紹介

エクアドルのガラパゴス諸島は太平洋にある火山群島で、大陸から隔離された環境により、その貴重な生態系はユネスコの世界遺産の第1号に指定されています。しかし、漁民と国立公園局との間のコミュニケーション不足や大規模な海洋汚染事故などにより、持続的な環境保全の体制強化が急務とされていました。この協力では、漁業コミュニティに対する自然資源などの情報発信、海洋調査や水質モニタリング、持続的資源管理に関する技術の移転を実施しました。これにより、ガラパゴス海洋保護区の参加型管理システムが強化され、海洋保護区の保全と持続的管理の推進に寄与しました。

協力地域地図

ガラパゴス諸島海洋環境保全計画プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 環境教育コミュニティセンター(CCEE) 

  • 環境教育コミュニティセンターの展示棟内 

  • 建設されたプロジェクト事務所。現在は環境省ガラパゴス国立公園局(DPNG)の事務所として使用されている。 

  • ボランティアによる海洋モニタリング 

  • イセエビの幼生の標本室 

  • 女性グループが生産物を売る土産物屋 

  • 漁協の集荷所 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。