日パ職業能力促進センタープロジェクト

Japan-Paraguay Skill Development Promotion Center

国名
パラグアイ
事業
技術協力
課題
教育
協力期間
1997年9月〜2004年3月

プロジェクト紹介

パラグアイは、南米南部共同市場(メルコスール)への加盟後、一般関税とメルコスール域内の関税撤廃の中で産業部門の競争力の改善を目指してきましたが、電子技術の分野における有能な人材のニーズが高まっていました。この協力では、司法労働省が新たに設置したパラグアイ職業能力促進センターに対し、電子分野における運営・管理体制の充実や指導員の能力開発、訓練教材の整備、企業ニーズへの対応体制の強化などを支援しました。これにより、同国の電子分野における技能労働者の能力向上に寄与しました。

協力地域地図

日パ職業能力促進センタープロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 日本・パラグアイ職業能力推進センター外観 

  • 供与機材を活用するセンター在籍生 

  • 情報実習室整備状況 

  • 訓練コース案内各種パンフレット 

  • 向上訓練コース案内板掲示状況 

  • 合同評価委員会 

  • 合同調整委員会(JCC) 

  • ミニッツ署名(齋藤団長、Juan Dario Monges労働大臣) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。