基礎職業訓練プロジェクト(旧:除隊兵士の社会復帰のための基礎訓練プロジェクト)

(Project on the Basic Vocational Training in Afghanistan)

【写真】プロジェクトの様子

国名
アフガニスタン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2005年5月〜2009年6月
事業
技術協力
課題
教育、平和構築

プロジェクトの紹介

20年以上に及ぶ戦乱が続いたアフガニスタン。同国政府は、国連開発計画などの支援を受け、2003年10月に「アフガニスタン新生計画」を設立し、兵士の武装解除、カウンセリング、教育、職業訓練、および雇用機会の提供を通じた元兵士の社会復帰の促進を図っていました。日本は、2004年から除隊兵士の社会復帰支援を開始し、この協力では、除隊兵士を対象とした職業訓練の実施、そして除隊兵士を含む社会的弱者(難民、国内避難民、若年失業者等)を対象とした基礎職業訓練の実施を支援しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報