結核対策フェーズ3プロジェクト

The Tuberculosis Control Project(3)

終了案件

国名
イエメン
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
1999年8月〜2004年8月

プロジェクト紹介

イエメンでは結核対策が国の課題の1つとなっていましたが、日本は、1983年から、無償資金協力で建設した各結核センターを結核診療および結核対策の拠点として、結核対策の基礎の確立や人材育成、プライマリー・ヘルス・ケア(PHC)システムへの統合などを目的とする技術協力を実施してきました。この協力(フェーズ3)では、研修の実施や教材の作成を通じ、1995年に保健省が採択を決定した直接監視下短期化学療法(DOTS)や適切な国家結核対策サービスの全国展開を支援しました。これにより、同国における結核の罹患率、死亡率、感染率の減少に寄与しました。

協力地域地図

結核対策フェーズ3プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • アル・ハダ地区のヘルスセンターの結核(以下、TB)制御装置の検査技師。 

  • 品質管理のスライド。 

  • 適切な患者の記録 

  • 供与機材:薬および研究所材料の監督および分配に使用される自動車 

  • TBサブセンターの設備 

  • TBサブセンターの設備 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。