地方村落妊産婦ケア改善プロジェクト

【写真】プロジェクトの様子

国名
モロッコ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2004年11月〜2007年11月
事業
技術協力
課題
保健医療、ジェンダーと開発

プロジェクトの紹介

妊産婦の死亡率が高いモロッコ。特に地方部においては、公的医療機関の設備・技術水準が低く、都市部に比べて妊産婦死亡率が2倍以上と格段に悪い状況です。地方部の保健医療サービスの向上のため、日本は2002年以降無償資金や研修員受入などの協力を行ってきましたが、本技術協力プロジェクトにより、県保健支局や医療機関の能力向上を図ることにより、村落部の女性に対する適切な保健サービス(妊産婦検診や分娩ケアなど)を継続的に提供できるよう支援しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報