リプロダクティブヘルス教育強化プロジェクト

The Project for Strengthening of Reproductive Health Education

国名
チュニジア
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
1999年9月〜2004年9月

プロジェクト紹介

チュニジア政府は第8次5ヵ年計画(1992~1996年)の中で家族計画推進事業を最重要課題の一つとして位置づけており、日本は、これまで国家家族人口公団に対し、家族計画に関する啓発教材(ビデオ番組、印刷媒体)の制作を主な内容とした「人口教育促進プロジェクト」を実施してきましたが、この協力では、都市部における青年層を中心とした性感染症の問題に対応するため、青少年の性とリプロダクティブヘルスに関する視聴覚・印刷教材の制作、研修講師やサービスプロバイダーの養成などを支援しました。これにより、同国における青少年の性とリプロダクティブヘルスの状況の改善に寄与しました。

協力地域地図

リプロダクティブヘルス教育強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 青少年リプロダクティブ・ヘルス(カスリーヌ) 

  • 青少年リプロダクティブ・ヘルス(カスリーヌ) 

  • 青少年リプロダクティブ・ヘルス(ベンナラス) 

  • 青少年リプロダクティブ・ヘルス(ベンナラス) 

  • 印刷センター 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。