灌漑農業改善プロジェクト

Project for Irrigation Farming Improvement

終了案件

国名
エチオピア
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2005年9月〜2008年9月

プロジェクト紹介

エチオピアでは、2002年後半以降干ばつによる食糧不足が深刻であり、同国政府は食糧安全保障の確立を最優先課題として農業生産性の向上と多角化に取り組んできましたが、これを具現化するための人材が不足していました。日本は、これまで、オロミア州における灌漑開発を核とした農業・農村開発のマスタープランの策定や人材育成計画策定などの協力を行ってきましたが、この協力では、重力灌漑施設など農民による水利用技術の改善やその標準化のためのガイドラインの作成などを支援しました。これにより、対象地域における農業生産の増加に寄与しました。

協力地域地図

灌漑農業改善プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 重力式灌漑サイト(カタール) 

  • ポンプ灌漑サイト(バデゴサ) 

  • ウォーターハーベスティング技術サイト(ドドタ) 

  • 洪水灌漑地区(ドドタ) 

  • 合同調整委員会 

  • 改修後のカタール2重力灌漑水路 

  • 新しく購入されたポンプ 

  • 水利用技術指導のためポンプで水をくみ上げているところ 

  • 修理されたプロジェクト供与のポンプ 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。