野口記念医学研究所感染症対策プロジェクト

(Infectious Diseases Project at NMIMR)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ガーナ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
1999年1月〜2003年12月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ガーナでは、マラリア、下痢症、呼吸器疾患などの感染症に加えて、HIV/AIDSやそれに伴う結核などの日和見感染症も増大しており、これらの対策が重要かつ喫緊の課題となっていました。1979年に日本の無償資金協力によって建設された野口記念医学研究所では、基礎研究を中心とした技術協力を実施してきましたが、この協力では、HIV/AIDS、性感染症、結核、麻疹、住血吸虫症などの感染症各分野における研究および研修能力の向上とともに、同研究所と他のステークホルダーとの連携強化を支援しました。これにより、同国における感染症の抑制に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報