アッパーウエスト州地域保健強化プロジェクト

Scaling up of Community Based Health Planning and Services (CHPS) Implementation in the Upper West Region

終了案件

国名
ガーナ
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2006年3月〜2010年2月

プロジェクト紹介

ガーナでは、特に農村部の住民が十分な保健サービスを受けられていませんでした。5歳未満児の死亡率や妊産婦死亡率などもなかなか改善されず、同国政府は「コミュニティベース保健計画サービス戦略(CHPS)」を掲げて、保健サービスを受ける上での格差是正、そして貧困削減戦略に基づく地域保健医療の強化に取り組んできました。この協力では、アッパーウエスト州を対象に、地域の保健行政に関与する機関の能力の強化を支援しました。これにより、機能しているCHPSの活動の幅の拡大に貢献しました。

協力地域地図

アッパーウエスト州地域保健強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • コミュニティーベース保健計画サービス(以下、CHPS)コンパウンド(Dornye) 

  • コミュニティー保健行動計画(以下、CHAP)meeting 

  • CHPSコンパウンドでの支援型スーパービジョン(以下、FSV) 

  • 郡におけるFSV 

  • 物品管理表により整備された倉庫(郡保健局) 

  • 実施中のCHAP 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。