太陽光発電普及のための人材育成プロジェクト

(The Project on Human Resource Development for disseminating PV systems)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ガーナ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2008年2月〜2011年12月
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

ガーナの北部3州(ノーザン州、アッパー・イースト州、アッパー・ウェスト州)は、人口密度が低く、集落が分散していることから、配電線の延長はコスト高となり、オングリッドの電化率は低迷していました。一方、同3州は、日射量が多いことから、太陽光発電(PV)を用いたオフグリット電化への期待が高まっていました。しかし、低品質なPV機器の市場への流通が、消費者の信頼を損なっており、PV電化促進の阻害要因の一つとなっていました。この協力では、PVにかかる人材育成体制の基盤整備を支援しました。これにより、PVシステムの持続的な使用に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子