第二次ザルカ地区上水道施設改善計画(第1期)

The Project for Improvement of the Water Supply for the Zarqa District(Phase 2)

国名
ヨルダン
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
水資源・防災
交換公文(E/N)署名
2006年7月
供与額
5.11億円

プロジェクト紹介

ヨルダンは、国土の80パーセントが砂漠または荒地であるため、水不足が常態化しています。同国有数の工業地域であるザルカ地区では、著しい人口増加が進み、高台に住宅地が拡大され、それまでの給水方法では配水管の破損や漏水などの問題が懸念されていたため、自然流下による送水や適切な配水区の設定といった改善が必要となっていました。この協力(第1期)では、ザルカ高区配水池・送水管、ポンプ場、塩素消毒施設の建設・敷設を支援しました。これにより、環境の変化、需要量に対応した上水の供給に寄与しました。

協力地域地図

第二次ザルカ地区上水道施設改善計画(第1期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ザルカ高配水池の建設サイト(協力実施前撮影) 

  • 建設中のザルカ高配水池 

  • この協力で建設されたザルカ高配水池 

  • 送水管・配水管敷設工事中の様子 

  • 送水管・配水管敷設工事中の様子 

  • 敷設後の様子 

  • 配管ルート上のマンホール 

  • この協力で建設されたバトラウィ配水池 

  • 配水池に描かれた壁画とODAマーク 

  • 配水池のプロジェクト銘鈑 

関連情報