輸血血液の安全性確保プロジェクト

The Blood Safety Project

国名
ケニア
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2006年10月〜2009年10月

プロジェクト紹介

ケニアでは、輸血用血液が必要になった際に患者の親族や友人から供血者を募り、各病院で採血を行うシステムを行っていましたが、HIV感染をはじめ血液由来の感染症の危険が認知されるようになり、血液製剤の製造や供給体制の不備が問題視されていました。この協力では、ナクル県およびその周辺地域をモデルサイトとして、血液センター・モデル病院における小児用輸血の小分け調整の導入、在庫管理方法の改善、輸血医療の改善などを支援しました。これにより、血液製剤の安全および適正で効率的な使用のための管理システムの普及に寄与しました。

協力地域地図

輸血血液の安全性確保プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ナクル地域血液センター(以下、RBTC)での濃厚赤血球製剤(以下、PRC)の記録 

  • RBTCのPRC調製用スタンド 

  • 小児用少容量PRC調製の様子 

  • RBTCのスタッフによる病院検査室の監督訪問の様子 

  • この協力で開発したガイドライン、マニュアル、標準作業手順書、ツール類 

  • ミニッツ署名交換 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。