半乾燥地社会林業強化プロジェクト

Intensified Social Forestry Project in Semi-arid Areas of Kenya

国名
ケニア
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2004年3月〜2009年3月

プロジェクト紹介

ケニアは国土の8割が半乾燥地または乾燥地で、森林面積はわずか1.7パーセントです。しかし、同国では国内総エネルギーの7割以上を薪炭に依存しており、人口増加に伴う薪炭の需要増加や森林資源の荒廃、土地の生産力低下、自然環境の劣悪化が進行していました。この協力では、対象3県(キツイ県、ムベレ県、タラカ県)において、ファーマー・フィールド・スクール(FFS)手法による社会林業活動を実施することにより、半乾燥地における社会林業普及活動と林業普及行政の強化を支援しました。これにより、同地域の持続的な環境保全を高めつつ、半乾燥地の住民の生活水準の向上に寄与しました。

協力地域地図

半乾燥地社会林業強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ファーマー・フィールド・スクール(FFS)メンバーによるハチミツ販売(ムベレ) 

  • FFSメンバーによるマンゴ植栽(キツイ) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。