県教育開発計画制度化プロジェクト

(The Project for Supporting District Education Plan Institutionalisation Programme)

【写真】プロジェクトの様子

国名
マラウイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2006年12月〜2010年12月
事業
技術協力
課題
教育

プロジェクトの紹介

マラウイでは、1994年に初等教育無償化政策が実施されたことにより、初等教育レベルの就学率が急速に増加する一方で、教育施設や教材、教員の不足が顕在化し、さらには初等学校の中途退学率増加や、教育の質の低下も深刻な課題となっていました。これらを受けて、日本の技術協力により、県教育開発計画(DEP)策定およびDEPコンポーネント(学校建設、教員住宅建設、理科実験室の建設、教材調達、教員研修、コミュニティ啓発)の実施支援を行いしました。この協力では、県および教育管区レベルでDEP策定・見直しに必要なスキルと知識の強化を通じ、質の高いDEPが全ての県で策定され、定期的な見直しが行われるよう支援しました。これにより、DEPが全ての県で活用されることに寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子