HIV感染予防のための組織強化プロジェクト

Project for Institutional Capacity Strengthening for HIV Prevention

終了案件

国名
タンザニア
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2006年3月〜2010年7月

プロジェクト紹介

15歳以上の国民の6.5パーセントがHIV陽性と言われるタンザニア。エイズ対策は国の社会経済発展のために急務となっていました。地方分権化が進む中、同国では保健行政上の権限が州や県に委譲されるようになりましたが、エイズ対策では中央政府による地方自治体への指導・支援の強化、徹底が不可欠です。この協力では、同国のエイズ対策を進める国の中核機関である「国家エイズ対策プログラム」が、州・県レベルと連携して効果的なエイズ対策サービスを運営できるよう、組織の能力を強化する支援を行いました。

協力地域地図

HIV感染予防のための組織強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 記録台帳に関する研修風景 

  • 教材完成を喜ぶ保健関係者たち 

  • 研修教材に関するトレーナーへの研修 

  • 現場での使用状況確認のため、クリニックを訪問 

  • 専門家がカウンターパートと打合せをしている様子 

  • 完成した教材を使った研修の様子 

  • 完成した教材を使った研修の様子 

  • 完成した教材を使った研修の様子 

  • 完成した教材を使った研修の様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。