LBT(Labour-BasedTechnology)研修能力強化プロジェクト

(Project for Strengthening Capacity for LBT Training at ATTI)

【写真】プロジェクトの様子

国名
タンザニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2006年6月〜2011年2月
事業
技術協力
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

タンザニアでは、資金不足から維持管理が行き届いていない地方道路において、LBT(Labour Based Technology)を活用した道路開発・維持管理の有用性がこれまでも指摘されていました。インフラ開発省(当時、現建設省)は、LBTの国家的枠組みの設立を目指し、LBT適用拡大計画を作成し、実施に移すこととしました。この協力では、適正技術研修所(ATTI)において、LBTの国家研修機関として、恒常的な実践研修を行ううえで必要な研修実施機能および総合調整機能、組織および人員の強化などを支援しました。これにより、LBT研修受講者が、実際にLBTを用いた道路工事の計画・施工・維持管理が可能となることに寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子