ルサカ市プライマリーヘルスケアプロジェクトフェーズ2

(Lusaka District Primary Health Care Project (Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ザンビア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2002年7月〜2007年7月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ザンビアの首都ルサカ市および周辺地域では人口集中が著しく、都市貧困層を中心に環境衛生の悪化が深刻化していました。日本は、これまで、「ルサカ市プライマリーヘルスケアプロジェクト(フェーズ1)」により、健康ボランティアが主体となって子どもの成長をモニタリングする活動と住民参加型環境衛生改善活動を組み合わせた都市貧困層向けプライマリーヘルスケア・モデルの確立を支援してきましたが、この協力(フェーズ2)では、これまでの対象地域を拡大し、コミュニティをベースとした子どもの成長促進活動の強化や環境衛生活動の改善を支援しました。これにより、同市におけるより多くの5歳未満児の健康状態の改善に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子