エイズおよび結核対策プロジェクト

Integrated HIV TB Project(provisional)

国名
ザンビア
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2001年3月〜2006年3月

プロジェクト紹介

ザンビアではHIV/エイズおよび結核など様々な感染症が経済・社会の発展の大きな阻害要因となっていました。日本は1989年以降、ザンビア大学付属教育病院(UTH)に対して技術協力を実施し、ウィルス検査室および結核菌検査室の整備や人材育成を図るなどの協力を行ってきましたが、特に患者が急増していたHIV/エイズや結核については、同検査室のさらなる活用が急務となっていました。この協力では、UTHの検査技術、データ管理およびマネージメント能力の向上や、質の高い結核診断システムの開発などを支援しました。これにより、同国におけるHIV/エイズおよび結核対策の検査システムが強化され、同システムの効果的な利用に寄与しました。

協力地域地図

エイズおよび結核対策プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ザンビア大学付属教育病院 

  • チャワマ保健センター検査室 

  • この協力で導入されたCD4測定器 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。