カンパラ市内交通事情改善計画(第2期)

The Project for the Improvement of Traffic Flow in Kampala City

国名
ウガンダ
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
運輸交通
交換公文(E/N)署名
2006年7月
供与額
3.16億円

プロジェクト紹介

ウガンダの首都カンパラ市では、交通の集中により交通混雑・渋滞・交通事故が頻発していました。これまで日本は、無償資金協力によって同市内の幹線道路の改善を支援してきましたが、この協力では、同市内の最も混雑の激しい6交差点および2道路(第2期は2交差点が対象)において、路面舗装・拡張、排水構造物の整備、信号機の設置などを支援しました。これにより、エンテベ道路~ジンジャ道路間の通過時間は2004年の38分から2012年には10~15分に短縮するなど、安全かつ円滑な交通流の確保に寄与しました。

協力地域地図

カンパラ市内交通事情改善計画(第2期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この協力で整備されたジンジャロード交差点。交通が円滑化された。 

  • この協力で整備されたエンテベ道路排水溝。維持管理が行き届いている。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。