HIV・エイズケアサービス強化プロジェクト

(Integrated HIV and AIDS Care Implementation project at District Level)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ザンビア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2006年4月〜2009年3月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ザンビアは、南部アフリカの諸国の中でもHIV感染率の高い国で、1990年代よりエイズ対策に注力してきました。同国政府は、2005年8月にARV(抗レトロウィルス薬)治療無料化の導入を含め、エイズ治療を本格的に開始しました。しかしながら、特に地方での保健人材の不足、地方分権化が進むうえでの疾患対策マネジメントの脆弱さなどが要因で、包括的且つ効果的なシステムが構築されていませんでした。この協力では、対象地域において、HIV/AIDSケアサービスの質の改善を支援しました。これにより、同地域で有効性が立証されたHIV感染者へのケアサービス改善のためのアプローチの他地域での導入に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報