マラリア対策支援プロジェクト

Malaria Control Project

終了案件

国名
ニジェール
事業
技術協力
課題
保健医療、貧困削減
協力期間
2007年11月〜2010年11月

プロジェクト紹介

ニジェールは5歳未満児死亡率および妊産婦死亡率が、世界で最も高い国のひとつです。高死亡率の要因は、マラリア、呼吸疾患、下痢症疾患ですが、特に熱帯性マラリアは致死率が高く、同政府にとってその対策が急務でした。この協力では、マラリア罹患率が高いドッソ州ボボイ県保健区において、地域組織や学校と連携したマラリア予防対策を強化するとともに関連人材の育成を図り、コミュニテイベースのマラリア対策のモデルの確立を図ることを目指しました。

協力地域地図

マラリア対策支援プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 事後評価調査において 村保健委員会(COSAN)メンバーへのインタビューの様子(イエニ村) 

  • 清掃・衛生活動の様子(カラ村) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。