公共輸送復旧計画(第2期)

(The Project for the Rehabilitation of Public Transport)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ルワンダ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2006年6月
事業
無償資金協力
供与額
3.19億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

ルワンダでは、鉄道網が未整備であるため、バス交通が唯一の公共交通手段でした。しかし、1994年の内戦で大半のバス機材が破損・喪失し、バス運行体制の再建が遅れていました。この協力(第1〜2期)では、大型バス70台、中型バス23台、サービストラック1台、スペアパーツやワークショップ用機材の調達を支援しました。これにより、バス運行路線も73路線から263路線へと増加し、乗客数も2004年の340万人から2007年には580万人まで拡大し、同国の公共輸送力の改善に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報