ホニアラ電力供給改善計画(第2期)

The Project for the Improvement of the Honiara Power Supply

終了案件

国名
ソロモン
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
資源・エネルギー
交換公文(E/N)署名
2006年6月
供与額
7.70億円

プロジェクト紹介

ソロモンの首都ホニアラ市は、同国における政治・経済活動の中心地です。しかし、同市では既存発電設備の老朽化に加え、民族対立時の維持管理不足などから突発的な事故が頻発し、恒常的な計画停電を余儀なくされていました。また、送配変電設備の多くも老朽化・陳腐化し、配電用変圧器が容量不足になると停電を繰り返す状況でした。この協力では、発電設備の増設および送配電設備の整備(第1期ではディーゼル発電機の増設、第2期では変電所の建設、配電線の延長など)を支援しました。これにより、同市における安定した電力供給力の確保に寄与しました。

協力地域地図

ホニアラ電力供給改善計画(第2期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この協力で新設されたディーゼル発電機 

  • この協力で建設されたラナディ変電所の主変圧器 

  • この協力で建設されたホニアラ開閉設備 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。