国立衛生疫学研究所高度安全性実験室整備計画

The Project for Improvement of Safety Laboratory for National Institute of Hygiene and Epidemiology

終了案件

国名
ベトナム
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
保健医療
交換公文(E/N)署名
2006年9月
供与額
8.91億円

プロジェクト紹介

ベトナムでは2003年以降、鳥インフルエンザの感染者が世界で最も多く、感染拡大が懸念されています。鳥インフルエンザなどの高危険度病原体は、バイオセーフティレベル3(BSL3)の実験室で扱うことが国際基準によって定められていますが、同国の国立衛生疫学研究所にはBSL3の実験室がありませんでした。この協力では、同研究所においてBSL3の実験室の整備を支援しました。また、同研究所の能力強化を目的とした技術協力プロジェクトと連携し、同国における高危険度病原体の取扱能力の向上に寄与しました。

協力地域地図

国立衛生疫学研究所高度安全性実験室整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 国立衛生疫学研究所(NIHE)ハイテクセンタービル 

  • ベトナム国側により実施されたハイテクセンタービル建設中の様子 

  • ベトナム国側により実施されたハイテクセンタービル建設中の様子 

  • ハイテクセンタービル内に日本の協力で設置された安全性レベル(BSL)3のBSL3実験室 

  • 日本の協力で設置されたBSL3実験室にて活動する研究員 

関連情報

関連・連携プロジェクト

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。