マディヤ・プラデシュ州リプロダクティブヘルスプロジェクトフェーズ2

Reproductive Health Project in the State of Madhya Pradesh(phase 2)

終了案件

国名
インド
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2007年1月〜2011年1月

プロジェクト紹介

インドのマディヤ・プラデシュ州の妊産婦および乳児死亡率などのリプロダクティブ・ヘルス指標は、全国平均を大きく下回っており、とりわけ農村部の状況は深刻でした。この状況を改善するため、同国政府は2002年12月に第10次五ヵ年計画の中で、保健医療の改善を重点課題の一つとし、乳児死亡率の引き下げを目標としました。この協力(フェーズ2)では、看護職、特に准看護助産師の助産技術に係る研修の実施や保健施設の改善などを通じ、質の高い母子保健サービスの提供が可能になるよう支援しました。これにより、質の高い母子保健サービスを受診できる妊産婦の増加に貢献しました。

協力地域地図

マディヤ・プラデシュ州リプロダクティブヘルスプロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • Panna県Amanganjのコミュニティ保健センター(以下、CHC)にて毎週土曜日に開催されるセクターミーティングを視察 

  • Sagar県の基礎保健センター(PHC)医師から分娩室の説明を受ける 

  • Tendhkela CHCの分娩室機材 

  • 産前ケア健診開始前に妊婦から経過を聞き取っている准看護助産師 

  • この協力で供与された計測器を用いて血圧を測定する准看護助産師 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。