政府統計能力向上計画フェーズ2

The Project on Improving Official Statistics Phase 2

終了案件

国名
カンボジア
事業
技術協力
課題
ガバナンス
協力期間
2007年4月〜2010年9月

プロジェクト紹介

カンボジアでは、内戦の影響から政府統計の整備が著しく遅れていましたが、1990年代以降、国連や国際開発パートナーの支援により徐々に政府統計の整備が進められました。このような中、JICAは2008年人口センサスに焦点を当て、技術協力プロジェクト(フェーズ1)を実施し、カンボジア政府計画省統計局(NIS)、州計画局統計部局、関係省庁統計部局の職員を対象に統計分野の基礎的な能力強化を図りました。本協力(フェーズ2)では、引き続き、人口センサスの実施を支援するとともに、統計調査のための企画・集計処理・分析・提供・利用ができるよう人材育成を図りました。その結果、2008年人口センサスは予定通り実施され、NIS、州計画局、関係省庁の職員の統計能力は、いずれもプロジェクト開始時点より向上していることが確認されるなどの成果を上げました。

協力地域地図

政府統計能力向上計画フェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 2008年人口センサス速報結果・利用促進セミナーで発表を行う専門家 

  • カンボジア初の全国事業所リスティング(2009年)に向けて、調査員へ研修を行う様子 

  • カンボジア計画省統計局にて人口センサス・事業所リスティング集計に関する技術指導を行う専門家 

  • タケオ州計画局から2008年人口センサスのヒアリングを行う様子 

  • 2008年人口センサスの実地調査で調査票の記入状況を確認する専門家 

  • 2008年人口センサスの主題図の一つ 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ