ガダルカナル島東部橋梁架け替え計画

(The Project for the Reconstruction of Bridges in East Guadalcanal)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ソロモン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2006年8月
事業
無償資金協力
供与額
9.13億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

ソロモンのガダルカナル島は、同国における総交通量の9割以上を占め、首都ホニアラを中心として東西に延びる幹線道路が唯一の陸上輸送ルートとなっています。しかし、同島東部と首都を結ぶ幹線道路と道路上の橋梁は、民族紛争からの治安回復後も損傷した状態が続いていました。この協力では、破損・老朽化が著しい3橋梁(テナル1橋、テナル2橋、ガリンビウ橋)の架け替えを支援しました。これにより、橋梁区間での円滑な通行の確保と、許容通行荷重の増大による輸送力の増強と安定化を図りました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報