ウエノ港整備計画

The Project for the Improvement of the Weno Harbor

終了案件

国名
ミクロネシア連邦
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
運輸交通
交換公文(E/N)署名
2006年8月
供与額
7.25億円

プロジェクト紹介

ミクロネシア連邦のウエノ港は、チューク州で唯一の岸壁などの港湾施設を有する港です。同港は、日常生活品の輸入港でもありますが、施設は経年劣化が進み、係留スペースおよび施設の不足から、作業性、操船性、安全性が問題視されています。加えて、港の一部は天災により機能が失われているなど、港内航行の安全確保も急務となっていました。この協力では、ウエノ港商港の岸壁防舷材の取り替え更新、岸壁拡張部の補修などを支援しました。これにより、航行の安全確保、混雑解消、荷揚げ作業の効率化を図り、対象地域の持続的発展に寄与しました。

協力地域地図

ウエノ港整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ウエノ港全景(協力実施前撮影、以下写真2〜4まで同様) 

  • ウエノ港に係留中の内航用タンカー 

  • 協力実施前のB岸壁 

  • 協力実施前のB岸壁 

  • この協力で整備されたB岸壁 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。