母と子の健康プロジェクト

Maternal and Child Health Project in Mongolia

国名
モンゴル
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
1997年10月〜2002年9月

プロジェクト紹介

モンゴルにおいては、ヨード欠乏症(IDD)は深刻な問題であり、首都ウランバートルの学童および妊娠可能年齢女性におけるIDDによる甲状腺肥大は40パーセント(1992年)を超え、IDDによるものと思われる子供の知能の発達障害や死産の事例が数多く発生していました。この協力では、同国の保健社会福祉省の職員に対し、疫学調査や診断技術の強化、コールドチェーンロジスティクス(冷凍・冷蔵による低温物流)の整備、関係者の人材育成や啓発活動などを支援しました。これにより、同国における母子の健康の向上に寄与しました。

協力地域地図

母と子の健康プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 予防接種拡大計画(EPI)ラボラトリーを視察 

  • 評価ワークショップ 

  • ヨード欠乏症(IDD)制圧プログラムの教材 

  • 国営テレビ放送によるインタビュー(保健省) 

  • ミニッツの交換(保健省) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。